HOME > 試験・検査案内 > 分析 > フタル酸エステル系可塑剤の分析

フタル酸エステル系可塑剤の分析

DBP、BBPのようなフタル酸エステル系可塑剤は、ポリ塩化ビニル樹脂(PVC)などの樹脂に柔軟性を持たせるための添加剤です。日本、EU、米国では人体へ与える影響が懸念されることから、おもちゃなどでその使用が規制されています。

図に示すように試料から可塑剤を有機溶媒で抽出し、ガスクロマトグラフ−質量分析計(GC/MS)により、その成分を測定(定量)します。


可塑剤分析のフロー(概要) GC/MS


対象 規制物質
日本(食品衛生法) おもちゃ(乳幼児用)※1 DBP、BBP、DEHP、DNOP、DINP、DIDP ※2
欧州(EU指令) おもちゃ及び育児用品(14歳未満)
米国(CPSC) 子ども用おもちゃ及び育児用品(12歳以下)

※1:厚生労働大臣指定のおもちゃ、※2:アイテム等により3〜6物質が対象となる

DBP:フタル酸ジ-n-ブチル、BBP:フタル酸ベンジルブチル

DEHP:フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)、DNOP:フタル酸ジ-n-オクチル

DINP:フタル酸ジイソノニル、DIDP:フタル酸ジイソデシル



上記以外のフタル酸エステル類(計17種類)の分析も実施しております。お問い合わせは、以下のラボまで。


東京事業所 分析テストラボ

大阪事業所 分析テストラボ


本コンテンツの印刷用PDFはこちら

PAGE TOP