スナッグ試験


「スナッグ試験」とは、「引掛け作用により、糸が突出・引きつれを起こす度合い」を評価するものです。


スナッグ


スナッグ

偶発的な引っ掛かりにより、繊維・糸が生地表面から突出し、引きつれなどを起こす現象をスナッグ(スナッギング)といいます。

スーツの生地表面から糸がループ状に飛び出したり、引きつれを起こしたことはありませんか?

これは着用の際などに、引掛け作用によって生地表面から糸が突出し、引きつれてしまったからです。



試験


スパイク付きの球体

試験方法はいくつかありますが実際に試験することが多いのは、メース法と呼ばれる試験方法(A法:ICI形メース試験機法)です。


  • 生地からA4サイズ程度の大きさの試験試料を4枚切り出します。このとき2枚は縦長に、2枚は横長に切り出します。
  • それぞれの生地の短辺を本縫いします。このとき生地の表を内側にして円筒状に縫い、これをひっくり返し表を外側にして試料とします。
  • 円筒状の機器(回転シリンダ)の外側に、袖を通すような感じで試料を通します。
  • このシリンダの上方から鎖につながれたゴルフボール大の球体を吊り下げます。この球体には釘のようなスパイクが11本飛び出ています。
  • シリンダを回転させ、回転する生地表面上をスパイク付きの球体(メース)がランダムに飛び跳ねてスナッグを発生させます。
  • シリンダを100回転させた後、シリンダから試料を取り外します。そして、試料の表面に生じたスナッグの程度を判定します。

判定


判定は、判定標準写真を使用して等級を決めます(この写真もJIS規格に含まれます)。


判定標準写真には生地にスナッグが生じた状態が写っており、「1号」(スナッグが大量に生じている写真)から、「5号」(ほとんどスナッグが生じていない写真)まで5種類あります。試験した試料4枚を判定標準写真と比較して、どの「号」に相当するのか(このあたりは、染色堅ろう度試験のグレースケールを使用した等級判定と同じです)等級を決めます。等級は、大きいほど良い結果を表します。


例えば、「スナッグ試験 A法 たて 4.0級 よこ4.0級」というようなものがスナッグ試験の試験結果となります。

PAGE TOP