HOME > 品質管理のための試験入門 > 摩擦堅ろう度試験

摩擦堅ろう度試験

「摩擦堅ろう度試験」は、重ね着などの衣料品同士のすれ作用による「他への色移りの程度(汚染)」を評価するものです。堅ろう度には「変退色」と「汚染」という二つの概念があり、堅ろう度の項目によって「変退色」のみを試験結果とするものと「汚染」のみを試験結果とするものとがあります。摩擦堅ろう度試験は「汚染」のみを試験結果とするものです。


紺色のジーンズと白色のシャツを着ていたら、シャツの裾周辺に紺色の擦れたような色移りを経験されたことはありませんか?これは着用の際の、ジーンズとシャツとの摩擦作用により、ジーンズ(紺色)からシャツ(白色)へ色が移ってしまったからです。衣類同士が擦れる部位に発生しやすい事故です。そんな危険を事前に察知できるのが摩擦堅ろう度試験です。


摩擦堅ろう度試験には二種類の試験があります。一つは「乾燥試験」、もう一つは「湿潤試験」です。

摩擦試験機にはテーブルがあり、生地をこのテーブルに、乾燥した綿布を摩擦試験機上部のアーム先端(摩擦子:まさつし)に取り付けます。


「乾燥試験」は、生地を乾燥した綿布で摩擦します。摩擦するには「摩擦試験機」を使用します。この試験機には2種類の形式がありますが、通常は「Ⅱ形」(にがた)、別名「学振形」を使用します。

約200gの荷重で100mmの長さを100回往復摩擦します。摩擦が終わったら綿布を試験機から取り外して、汚染用のグレースケールを使用して「汚染」の判定をすることにより堅ろう度の数値を決めます。


「湿潤試験」では濡らした綿布を使用します。濡らす程度によって試験結果が大きく変わりますので、濡らす程度(約100%の湿潤状態)もJIS規格で定められています。

新たにテーブルに生地を取り付けます。そして摩擦子に湿潤させた綿布を取り付け、乾燥試験の場合と同様に摩擦します。摩擦が終わったら試験機から取り外して、綿布を乾燥します。乾燥したら汚染用のグレースケールを使用して「汚染」の判定をすることにより堅ろう度の数値を決めます。




  • 細長い試料を試験機に取り付けます。
  • 摩擦堅ろう度試験1

  • 摩擦子に綿布を取り付けます。
  • 摩擦堅ろう度試験2

  • 細長い試料を長辺方向に10cm、綿布が往復して摩擦します。
  • 摩擦堅ろう度試験3 摩擦堅ろう度試験4


  • 試験後の綿布(中央が擦られた部位)
  • 摩擦堅ろう度試験5



一般に、摩擦堅ろう度試験の結果は乾燥試験より湿潤試験の方が低い級数となることが多いのですが、まれに乾燥試験より湿潤試験の方が高い級数となることがあります。これは、湿潤させた綿布の水分により、生地表面が滑りやすくなるからだともいわれています(級数が低い=色移りしやすい)。


例えば、

  • 「摩擦堅ろう度 乾燥試験 汚染:4級」
  • 「摩擦堅ろう度 湿潤試験 汚染:3級」

というようなものが摩擦堅ろう度の試験結果となります("汚染"を省略して「乾燥試験:4級、湿潤試験:3級」とする場合もあります)。

PAGE TOP