色泣き試験

「色泣き試験」とは、「濡れた状態での染料の移動による汚染の程度」を評価するものです。


黒色と白色の縞柄、赤色生地に白色の水玉柄のような異色濃淡の組み合わせ製品は、洗濯処理などで濡れた状態では、濃色部分などから染料が移動し、製品の白色部分や淡色部分などを汚染(移染)する可能性があります。


衿が紺色、本体が白色のポロシャツを家庭で洗濯したら、衿付近の本体に紺色のにじみが生じたといったような経験されたことはありませんか?これは、紺色部分(衿部分)の染料が、洗濯処理で湿った状態にあったため、白色部分(本体)へ移動してしまったからです。この現象を"色"が"泣く"という意味で、「色泣き」と言います。そんな危険を事前に察知できるのが、「色泣き」試験です。


試験方法


一般に、色泣き現象は濃色部分から淡色部分に向かうものが目立ちます(淡色部分から濃色部分へは、色が泣いても目立ちません)。試験試料の作成は、縞柄などの柄物の場合と無地物の場合とでは異なります。


柄物の場合は、その柄部分を使用します。


  • 例えば縞柄の場合、縞が横方向になるように切り出し吊します。また、プリントの場合は色泣きすると思われる部位の一部を下端として切り出し吊します。
  • 容器に希薄な界面活性剤(洗剤)の液を入れておき、試験片の下端(試料側)を浸します。液が試料を通じて試験片の下端から上方向へと吸い上げられていきますが、その際に染色部分に残っている余分な染料などを一緒に吸い上げます。
  • そして、一定時間(例えば2時間)で液から引き上げます。すると液が試験片の途中まで吸い上げられた状態となり、乾燥すると"キワツキ"となります。この"キワツキ"部分の汚染の度合いを、汚染用のグレースケールで判定します。

無地物の場合は、生地を自動車運転免許証の顔写真くらいの大きさに切り出します。


  • 別に細長い綿布を用意し、縦長の状態で、試料と綿布の一部を重ねて縫い合わせます。縫い合わせた試験片の生地が下側、綿布が上側になるように吊します。
  • そして柄物の場合と同様に、容器に希薄な界面活性剤の液を入れておき、試験片の下端を浸し一定時間で液から引き上げ乾燥させ、"キワツキ"部分の汚染の度合いを、汚染用のグレースケールで判定します。

色泣き(柄物) 色泣き(無地)
試料が柄物の場合 試料が無地の場合


例えば、


  • 汚染の度合いに応じて言葉で表した「色泣き試験あり」、「色泣き試験なし」
  • 具体的な汚染の級数で表した「色泣き試験 汚染5級」、「色泣き試験 汚染3級」

というようなものが色泣き試験の結果となります。


言葉で表した「色泣きあり」の場合ですと、どの程度の色泣きが(汚染が)生じたのかが不明瞭であるためか、具体的な級数が必要になる場合もあります。

PAGE TOP